紙の文化博物館

紙の文化博物館では、特別展において、越前和紙の長い歴史を物語る古紙、道具などを展示し、常設展で発祥や歴史について学ぶことができます。 本館1階では、「世界に広がる越前和紙」「越前和紙の今昔」を映像とパネルで紹介しています。紙祖神「川上御前」を祀る国の重要文化財『岡太神社・大瀧神社』や、産地の歴史と今をご覧いただけます。 別館1階では、産地を代表する和紙約125点を展示しています。越前和紙の多様さをご覧いただけます。 2階では、年数回の特別展を開催いたします。人間国宝をはじめ名工の紹介や、国の重要有形民俗文化財指定の古紙、紙漉き道具をテーマごとに展示していきます。

■住所 

〒915-0232 福井県越前市新在家町11-12

■TEL 

0778-42-0016

■WEB 

http://www.echizenwashi.jp/features/bunka.html

■展示

19~21日 9:30~17:00

(入館は16:30まで)

紙漉きを行っている時間は 9:30~12:00,13:00~16:00

■所要時間 

30分~1時間

■料金 

常設展:大人200円, 団体150円, 高校生以下無料

特別展開催時:大人300円, 団体200円, 高校生以下無料

※15名様から団体割引となります。

※卯立の工芸館との共通入館料です。