江戸時代の紙漉き家屋を移築復元した「卯立の工芸館」では、伝統工芸士が昔ながらの道具を使って和紙を漉く様子などを見学できる、全国でも唯一の場所となっています。1階は伝統工芸士の作業場と、様々なクラフトスペースにもなる土間・いろりのある和室があり、2階では和紙にまつわる様々な企画展が随時行われています。また、昔ながらの道具・原料を用い、伝統工芸士の指導のもとでチャレンジする本格的な「流し漉き」体験講座を行っています。個人のお客様・団体のお客様とも受け入れ可能です。(要予約)

■住所 

〒915-0232 
福井県越前市新在家町9-21-2

■TEL 

0778-43-7800

■WEB

http://www.echizenwashi.jp/features/udatsu.html 

■見学

紙漉きを見学できる時間は

9:30~12:00,13:00~16:00

上記の時間以外でも施設は見学可能

■所要時間

30分

■注意事項

入館料:大人300円,団体200円
※高校生以下無料
※15名様から団体割引となります。
※紙の文化博物館との共通入館料です。

本格流し漉き体験

昔ながらの手法で、伝統工芸士の指導のもと本格的な「流し漉き」を体験できます。菊判(66cm×97cm) 2枚か柾判(44cm×55cm)4枚を製作できます。

日時:12日~14日
10:00~12:00,13:00~15:00

所要時間:30分~1時間

料金:1人5000円 (送料別)

定員:2人ずつ

予約:予約優先。お電話にて承ります。TEL:0778-43-7800
飛入り可能

【個人のお客様】当日受付可。しかし、事前にご連絡頂けると確実です。
【団体のお客様】5名以上の場合は、2週間前までに要予約。和紙の郵送は代表者に一括送付させて頂きます。